サイトメニュー

受診前に知っておくこと

診察

安心して受診するために

皮膚科や美容外科などに行くと、ほくろ除去することができます。どのような方法があるのかというと、実はいくつもの種類があるので、どの方法を選択すれば良いかをよく考えてから受診した方が良いです。クリニックによりますが、大抵は何種類もの方法から自分に最も合っている方法を選ぶことができます。比較的大きなほくろであれば切除縫合法が多いかもしれません。この方法はその名の通り、メスを使って切り取ってしまいます。だから、傷跡が残る可能性があるデメリットはありますが、確実に取ることができます。切除法のメリットは他にも比較的、再発する可能性が極めて低いことです。実は、メスを使う方法は他にもあってくりぬき法があります。どちらも似たように見えますが、くりぬき法はほくろだけを取り除き、切除縫合法は周囲の皮膚も切り取って縫合します。くりぬき法は縫合しないで自然に穴がふさがるのを待ちます。多くの場合は炭酸ガスレーザーを使って除去していると言っても良いかもしれません。炭酸ガスレーザーを照射する場合は、メスを使わないので出血がほとんどありませんし、傷跡が残る恐れもほとんどありません。ただし、再発する可能性があるので、また治療しなくてはならないこともあります。また、これら以外の方法を行っているクリニックもあります。クリニックによっていくつもの方法でほくろ除去を行っていますから、受診する時はなるべく複数の方法を用意しているクリニックにした方が良いです。最近は炭酸ガスレーザーなど機械を使った方法が主流ですので、大抵のクリニックでは炭酸ガスレーザーなどを行っているでしょう。切除した方が良い場合もあるかもしれませんが、傷跡が残る可能性もありますのでできれば他の方法を選んだ方が良いです。どこのクリニックで治療するのかによっても結果が変わる可能性があります。医師の技量によって結果が左右されますので、費用も気になるかもしれませんが、評判の良いクリニックを選んだ方が良いです。どうやって良いクリニックを見つけるかというと、ほくろ除去の口コミも良いですし、症例数で判断するのも良いでしょう。症例数が多いと言うことはそれだけ経験を積んだ医師が治療してくれますので傷跡が残る可能性も低くなります。症例数が多く、ほくろ除去に力を入れているクリニックであれば、ホームページにそう言う文言が掲載されていることが多いので、確認すると良いかもしれません。皮膚科と美容外科とのどちらにするべきかで悩むかもしれませんが、どちらであっても実績が多ければ安心して治療を受けられます。