サイトメニュー

治療手段の種類を知る

医者と看護師

時間と費用を考慮する

かおのほくろは他人にとってはそうでもないですが、本人にとってはとても気になってしまうものなので、早めにほくろの除去手術を受けることをお勧めします。ほくろの除去は昔はリスクの高い行為となっていましたが、最近は驚くほど様々な治療方法が存在していることは知っておくべきです。電気メスを使って切らなければならないと考え、もっと都合のいい方法を見落としてしまうと損をしてしまいます。少し知識のある人は切開した後の縫合によって顔が引きつることを心配するかもしれませんが、適切に処置をしたのであれば問題ありません。それはあくまでメスなどでえぐり取った場合の話であり、最新のレーザーなどを用いたほくろ除去であれば縫合自体ほとんど行われないのです。ただ、こういった炭酸ガスレーザー施術は保険の適用されない施術のため、想定以上の出費になることを覚悟しなければいけません。こうした諸々の知識をすべて熟知してから病院に行こうとしてもとても覚えきれないので、最低限の知識だけ覚えて早めに受診するといいでしょう。美容クリニックに行ったからといって即手術になるわけではなく、最初はまずアンケート用紙の持ち帰りなどをすることになります。それを提出した後は長いカウンセリングが始まるので、あまり気負いすぎず、とりあえず一回病院に行ってみるといいでしょう。ほくろ除去施術の申し込みをするにあたっては、どういったプランでどこまでやるのかをはっきりさせなければいけません。通常の病院であればけがや病気に一番合ったやり方を医師に教えてもらえますが、美容クリニックの場合は逆となっています。つまり患者側がはっきりとしたビジョンを持って医師に要望を伝え、それに沿って治療をしていかなければならないのです。全てを病院側に任せるというのがけがや病気への対処なので、このあたりのことがわかっていないまま美容クリニックに行く人がかなり多くなっています。しかし、こうしたことは美容クリニック側もよく知っているので、そのあたりのすり合わせも含めたカウンセリングをしてくれるので不安になりすぎる必要はありません。ほくろ除去は行う方法によって治療期間、費用、仕上がりなど様々なものが大きく変わってくるので、納得できる結果を追求していくことが大切です。とにかく安くしたいのか、時間と費用をかけてもいいから見栄え良くしたいのかなど、ほくろに対するスタンスをはっきりさせておくことが失敗を避けるために必要といえます。最近は手術などをせず、薬の塗布だけでもかなりきれいにほくろを消せるようになってきたので、急ぎでなければ時間をかけていくことをお勧めします。