サイトメニュー

施術の利点を知る

顔に触れる女性

基礎的な知識を得る

ほくろの除去の仕方はその大きさによって異なっていて、5mm以上の場合は外科的な方法を選択することが多いです。外科的な方法で切除する時は局所麻酔を使用して患部を切除して、後からその部分を縫います。大きなものを切除する時は、2回に分けて手術をすることもあります。こうした大きなほくろは、切除しても1回では十分に皮膚が寄らない場合があります。切除した後は病理的検査をすることもあります。手術で切除した時は、1週間後ぐらいに抜糸する必要もあります。ほくろを切除すると、副作用としてむくみや腫れが出ることもありますが時間の経過とともに治まっててきます。手術によって皮膚が擦れたり、細胞が傷ついて腫れの原因となります。切除後の傷跡はかさぶたになることもありますが、かさぶたは次第に取れます。5mm以下の場合は炭酸ガスレーザーで切除することができます。炭酸ガスレーザーは顔や頭部などにある比較的小さなほくろを除去するのに便利です。高周波メスもほくろを切除する時によく活用されます。高周波メスは炭酸ガスレーザーや電気メスよりも、熱変性が少ない特徴があります。熱変性が少ないので皮膚組織を炭化させずに済みます。皮膚に優しい治療法として、高周波メスを使用する治療法は人気です。ほくろの切除はメスを使用するよりも、炭酸ガスレーザーを使用した方が料金がお得となることが多いです。メスを使用する場合は、保険が適用されることもあります。自由診療で除去する時は、病院ごとに料金が異なりますので、その病院の料金体系をよく知ることが大切です。炭酸ガスレーザーやメス以外でもほくろは、除去することができます。サージトロンを使用する施術は熱変性が少なくて、皮膚の炭素化を防ぐことができます。皮膚の炭素化を防ぐことで、創傷治癒を助けることも可能です。ほくろを除去する時は、使用する機器の特徴などを知ることも大切です。除去をした後は、その部分に厚いガーゼを貼ります。除去した後のメンテナンスに関する費用のことも、カウンセリングでよく聞く必要があります。ほくろの種類は様々で、生まれつきのものもあります。平坦な色素班の場合や皮膚表面から隆起したものなどその種類は多いですが、通常は大きさが5mm以下のことが多いです。施術を選択する時は、大きさだけでなく深さも考慮します。深い場合は5mm以下でもメスで切除することもあります。ほくろをメスで切除する時は、その形状や性質によって切開する方法や縫合する方法も異なります。手術の詳しいことも、カウンセリングでよく説明を受けることが大切です。