サイトメニュー

簡単にできる施術

医者

病院で見てもらう

ほくろの除去は、病院などに行くと比較的簡単に取ることができます。長年悩んでいる方などは、一度相談をしてみることがおすすめです。ほくろの種類によって施術方法は変ってきますが、顔にあるほくろなど、人によってはコンプレックスになってしまってる方も多いです。他人から見たら何も気にならないものでも、自分では毎日鏡を見るたびにほくろがなかったらと考えてる方などに除去はおすすめです。除去も傷みもあまり感じることなくすぐに施術は終ってしまいます。種類や大きさなどによって施術方法は変ってきます。小さくもりあがりのないものの場合は、レーザー治療で取ることができます。大きくて、もりあがっているものの場合は、くり抜いて切除をすることになります。どちらも治療は簡単にすぐにすることができますが、施術をした後に、治るまでに時間がかかってしまいます。それに治る途中に、紫外線に直接あててしまったりすると、またそこからほくろが出来てしまったりもしますので、できるだけ冬にしたり、またマスクで隠してもおかしくない季節に施術を行なうと、あまり気にすることなく切除をすることができます。学生の場合は、休みが長い期間に施術を行なうと、あまり人に知られないで施術ができます。他にも家庭で、ほくろを除去したりする方法はありますが、顔など目立つところのほくろの場合は、やはり病院に行ってしっかりと診断してもらうことが大事です。そしてほくろの傷みや、出血をしてしまったり、どんどん大きくなってしまう場合は、早めに病院に行くことが大事です。ほくろは良性のものがほとんどですが、中には悪性も物もあったりします。その時は早めに切除をすることが大事です。ですから基本的には、ほくろを除去しようと考えてる場合は、病院に行って診断してもらうことが大事です。そして保険適用の場合も多いので、まずは相談してみることが大事です。悪性の場合は、保険適用になっています。顔の場合は、女性などメイクを施術後にすることが出来るのかどうかなど、気になりますが、特にメイクをしてはいけないということはないですし、施術をした部分はテープを貼って保護しているので、その場所以外ならメイクもすることができます。それにお風呂を入ったり、洗顔をすることも可能なので、日常生活に支障になることはないです。しばらくは、テープを貼っての生活になるので、そのテープが気になってしまいますが、普段はマスクをして生活をしていればそのうちにきれいに傷跡もほとんど気になることなくなってきます。