サイトメニュー

診察

受診前に知っておくこと

ほくろ除去はメスを使う切除縫合法やくりぬき法、炭酸ガスレーザーなどがあります。複数の治療法を用意しており、評判が良く症例数が多いクリニックなら医師の腕が良いので、傷跡が残る可能性もほとんどありません。

顔に触れる女性

施術の利点を知る

ほくろを除去する方法はかなり進化していて、皮膚を炭化させないで素早く除去することもできます。皮膚の炭化を防ぐことで、傷跡の治りが早くなります。ほくろの種類や大きさによって、除去に使用する機器は異なります。

医者

簡単にできる施術

ほくろを除去をする方法はいろいろありますが、顔など目立つ部分などは、病院に行って施術をしてもらうことがおすすめです。そしてしっかりと相談して、自分で判断しないようにすると、きれいに除去をしてもらうことができます。

医者と看護師

治療手段の種類を知る

ほくろが気になる人はまず一度美容クリニックを受診し、どうすればいいのかを聞いてみると、安心して治療に入れます。時間をかけるか費用をかけるかでほくろ除去のやり方は大きく変わるので、治療に求めるスタンスははっきりさせていきましょう。

美容整形で取り除く

看護師

レーザーや切開で取れます

大きなほくろを除去するには切開するのが一番効果的ですが、大きさによってはレーザーや電気メスを使って取り除けます。美容クリニックではほくろ除去のための複数の方法があり、患者の希望で選択できます。電気メスでほくろを焼いて取り除く方法や、高周波を当てる方法のほうがメスで切開するよりも安全性が高いです。電気メスを使用する施術は患部の細胞を焼きますので、数日間はかさぶたができます。かさぶたは自然と剥がれ落ちますので、数日が経過すると通常の皮膚の色に落ち着きます。1回だけの治療で完治することが可能で、何回も繰り返し通院する必要は無いです。施術当日も数分程度で治療が終わるので、長い時間がかかる治療ではありません。5ミリ程度のほくろならば簡単に取ることが可能で、大きさごとに費用に差が出ますが10〜30万円ほどかかります。稀に施術を行った部分が腫れたり、内出血を起こすことがあります。カウンセリングではどのようなリスクがあるのかや、アフターケアの対応を質問することで安心できます。5ミリを超えるほくろを除去するには外科的に切開をします。皮膚を切って、治療をした周辺を縫合することで綺麗な状態に整えます。切った後に糸で皮膚を縫合する必要があり、傷の深さによって費用に違いがあります。ほくろが顔にあると目立ってしまうので、コンプレックスになりやすいです。美容クリニックごとに選択できる施術方法が違いますので、自分のほくろを綺麗に除去する方法があるかカウンセリングでしっかりと聞きましょう。ほくろは大きさや深さなど個人差のあるもので、除去するために適している施術内容も個人ごとに変わります。カウンセリングに十分な時間をかけてくれるかはクリニック選びの判断基準の1つと言えます。施術を行う医者と直接話しができるところや、スタッフの対応が良いクリニックのほうが満足できます。除去方法が豊富に用意したあるクリニックならば、自分の理想としている方法を選べる可能性が高くなります。小さなほくろならば危険性の低い施術を選べたほうが良く、レーザーや高周波を当てて取り除く方法があれば体への負担を小さくできます。メスを使って切開しなければならない場合には、傷が塞がるまでの期間の説明を受けましょう。多くの症例では1〜2週間のダウンタイムで通常に戻りますが、切開法を受ける場合には仕事を一定期間休む必要があります。最新式の医療機器が導入されている美容クリニックのほうが、切開を避けてレーザーで処理できます。レーザー治療でほくろを取ることが可能ならば、熱による痛みが少なくて済みます。

人気記事

医者

簡単にできる施術

ほくろを除去をする方法はいろいろありますが、顔など目立つ部分などは、病院に行って施術をしてもらうことがおすすめです。そしてしっかりと相談して、自分で判断しないようにすると、きれいに除去をしてもらうことができます。

医者と看護師

治療手段の種類を知る

ほくろが気になる人はまず一度美容クリニックを受診し、どうすればいいのかを聞いてみると、安心して治療に入れます。時間をかけるか費用をかけるかでほくろ除去のやり方は大きく変わるので、治療に求めるスタンスははっきりさせていきましょう。